• シークス 合同会社

民泊清掃会社の決め方

更新日:6月5日

今回は、民泊清掃会社の決め方についてお話をしていきたいと思います。


それでは主な民泊の清掃会社のパターンを掴んでいきましょう。


パターン①

オーナー様自身でリネンを洗濯乾燥する

 

こちらは最もオーナー様が忙しくなる清掃の運営となっております。

また、オーナー様自身で予備のリネンをおく必要がある。

ゲストの宿泊後にオーナー様自身でリネンを洗濯乾燥します。

メリットとしては費用が少しだけ安くなったりします。

ただしアイロンがされてないのでベッドメイキングの見栄えはイマ

イチになってしまいます。。。



パターン②

清掃会社がリネンをコインランドリーで洗濯乾燥をする。

 

オーナー様の負担は特にありませんがパターン①と同様オーナー様自身で予備の理念の用意が必要となります。

また消耗品のため数年に1度は新しいものに交換する必要も出てくる。


清掃会社が別途費用を頂き近くのコインランドリーで洗濯乾燥をしてくれます。

オーナー様の労働の負担はかなり軽減されます。

デメリットとしてはコインランドリー代がかかる。

洗濯乾燥まで少し時間がかかるため効率が悪い。



パターン③

清掃会社がホテルリネンを購入し、物件にレンタル。

 

真っ白のリネンなのでとても綺麗にベッドメイクができます。

リネン業者が洗濯乾燥をするので清掃スピードが格段に上がります。

デメリットとして、清掃会社が一度購入するので清掃費が比較的高い傾向にある。


パターン④

リネン業者からレンタルでシーツを借りる。

パターン③と何が違うかと言うと、購入を自社でするということない為、比較的安くシーツの提供ができる。

しかしこの契約をしている業者が民泊の清掃会社では少ない。



弊社でおすすめしている清掃会社はパターン④のリネンをレンタルで借りてる業者が1番おすすめとなっております。


真っ白なリネンでアイロンもかかっており、ホテルのような綺麗な見た目になることからゲストからのクレームも起こりにくくなります。


どうしてもパターン①②だと静電気の影響もあり、髪の毛がついてしまうデメリットも考えられます。

またオーナーリネンは汚されてしまうと結構な費用がかかってくることから弊社ではあまりおすすめしておりません。


今回は4つのパターンのうち自分はどの清掃会社に当てはまるのか?そしてどの清掃会社を使った方がいいのか判断できるかと思います。

もし、清掃会社の乗り換えを検討しておられる方がいましたらご連絡の方宜しくお願いします。


 

具体的な改善をされたい方や

アドバイスが欲しい方は

一度弊社までお気軽にご連絡ください。

弊社では、

簡単なシステム開発やウェブ広告に関してもノウハウがありそれらを活用し

『民泊代行会社として多数の依頼』を受けております。

ほぼすべての管理をシステムで行っており人件費をカットすることにより、

【15000円〜民泊代行】をご提供頂けます。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回はセルフチェックインには欠かせないアイテムについてお話をします。 スマートロックの王道といえば 【リモートロック】ですよね! リモートロックを導入しようか検討しましたが、弊社では導入しないことにしました。 大きな理由は ①防水性能が低い 沖縄では潮風の影響もあり、壊れると可能性が高いからです。 そもそも民泊用では無いので防水性能は高く作られて無いです。 https://remotelock.k