• シークス 合同会社

究極の二択。民泊管理費用は歩合制と固定制のどっちがいい??

更新日:11月5日

民泊経営をさてている皆様、民泊管理会社への支払いは歩合制と固定制、どちらにされていますでしょうか。


また、これから民泊を経営しようと思っている皆様、どちらを選ぶ予定でしょうか。


大切な運用経費なので迷っているオーナー様は多いのではないでしょうか?


今回は歩合制と固定制のメリット・デメリットを簡単に紹介致します。


一緒に選ぶ基準を考えて行きましょう!


 

歩合制のメリット

・売上に応じて管理費用を払うため、売り上げが無い時は費用がかからない。


歩合制のデメリット

・売上が高いと管理費用が高くなってしまう。

・売上が低いと管理会社側が力を入れにくくなる。

・50万円の売上だと手数料が20%前後かかる場合がある。

※50万円の売上だと10万円が手数料で残るのが40万円



固定制のメリット

・売上が高くても管理費用が一律で決まっているため割安になる。

・手数料に左右されない為管理会社の対応に差がない。


固定制のデメリット

・売上が無くても固定で支出が出てしまう。


結論としては


民泊の経営状況によって、どちらの方が安く済ませることができるか計算する必要がある。


ということです。


曖昧な答えになってしまい申し訳ありませんが、


だからこそ迷われることだと思います。


管理費用に関しても分からないことがあればいつでもシークスにご相談下さいませ。


固定制も歩合制も

どちらもメリットもあり、デメリットもあります。


シークスは県内最安値で固定制での運営をさせて頂いております。


次回の記事で弊社がなぜ歩合制ではなく固定制で運営をしているのか

をお話させて頂きたいと思います。


弊社の場合だと【最大毎月33,000円】の管理となる為

15万以上の売上があり歩合制で管理をされているオーナー様はお得となります。

是非ともご相談ください。


2021/12/31までにご契約のオーナー様は半年間無料キャンペーンをやっておりますので

毎月15万円以上の売上がある方はいますぐご連絡下さい!

 

具体的な改善をされたい方や

アドバイスが欲しい方は

一度弊社までお気軽にご連絡ください。

弊社では、

簡単なシステム開発やウェブ広告に関してもノウハウがありそれらを活用し

『民泊代行会社として多数の依頼』を受けております。

ほぼすべての管理をシステムで行っており人件費をカットすることにより、

【15000円〜民泊代行】をご提供頂けます。

閲覧数:8回0件のコメント