• シークス 合同会社

『民泊代行会社が考える代行会社の選び方』

民泊の代行会社を選ぶ基準はどのように決めていますか??

こんな決め方をしていると失敗するかもしれません。。。

  • 代行会社の実績

  • 代行会社の場所

  • 代行費用が安いから


様々な決め方があるとは思いますが、

結論からお伝えするとオーナー様の売上を伸ばせる代行会社とは

『web広告に強い民泊代行会社』です



まず民泊の代行会社はどういった会社が多いか??

それは『不動産会社』です。

オーナー様は物件購入をする際に不動産に集まります。

だから不動産会社の子会社などにそのままお願いする傾向が強いです。。。


しかし、集客はどこからしますか、、、、

ほとんどの方がOTAとSNSを中心に集客をしていると思います。


ってことは

web広告に強い民泊代行会社に集客を依頼するほうがとてもいいです。

集客が上手く行ってない理由はなぜかわかりますか?


考えれる要因

・インプレッション数がそもそも少ない

・リスティングページの閲覧数が少ない

・価格が高い


こちらを上げて行かなければそもそもゲストに見られることもないです。


web広告に強い民泊代行会社

・SEOについての概念がある。

・MEOについての概念がある。

・web広告についての概念がある。


このような知識がある会社を選ぶべきです。


理由は

リスティングのクリックがされない、成約に繋がらない原因って

コピーライティングの部分が大きいです。


一昔前は競合もいなく、ただ出すだけで利益が上がったのがほとんどでしょう。。。


現在は施設数もたくさん増えております。

【沖縄施設推移】


ライバル企業はどんどん増えています。

これからも増えていくことが見込めますね。

その中で、web広告に強い民泊代行会社が沖縄には何社あるでしょうか??

今、代行を依頼している会社があれば

・月間インプレッション数

・リスティングの閲覧数

この二つは確実に聞いて改善を今すぐにしてください。


代行実績が多い会社

結局その地域での代行件数が多ければ良いというものでもないと弊社では考えております。

例えばこのような実績だったと仮定します。


【北谷町で管理物件数60件】


では、価格調整はどうなるでしょうか??

リスティングを全て上位表示させる物件を選ばないといけなくなりますよね。。

その中でも『上位表示される物件だけ手厚く』なります。

手数料が『%制』だからです。。。

収益性が悪い物件はコストばかりかかってしまいます。

それよりも既存で回る物件を手厚くサポートするほうが利益に繋がります。。


もちろん施設の魅力もあるので一概に全て利益が出ないという事ではありません。

ただ可能性としてありますよねということです。


価格調整は手動でやっている会社を選ぼう

よくAIを使った価格調整を行っている会社も多いですが

コロナ禍の今の時期にAIを使った調整よりか遥かに

『手動でその時その時の相場観でしっかりと変更する』のをおすすめしております。

例えば『過去5年の夏は平均この価格帯だったからこれで売ろう』と思っても

相場観はその年その年で変わってきます。

相場は常にリアルで動いています。

もちろんデータは大事ですが、、、

一日最低でも2.3回は価格を更新することでAirbnbのSEO対策にも繋がります。


AIの良いところもあれば、悪いところもあります。

手動もいいところもあれば、悪いところもあります。

使い方次第でとても良くなるのでそれぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。


今後サービスの展開予定ですが

新しいシステムをリリースする予定です。

次の記事で書いてるので利益を上げたいオーナー様はぜひお読みください。

 

具体的な改善をされたい方やアドバイスが欲しい方は

一度弊社までお気軽にご連絡ください。


弊社では、簡単なシステム開発やウェブ広告に関してもノウハウがあり

それらを活用し『民泊代行会社として多数の依頼』を受けております。

ほぼすべての管理をシステムで行っており人件費をカットすることにより、

【15000円〜民泊代行】をご提供頂けます。

閲覧数:8回0件のコメント